RECRUIT

スタッフインタビュー

お客様には、お店でぜひ
ブランドの世界に触れてほしい。

岩瀬 有基
ISSEY MIYAKE 御殿場アウトレット店 チーフ(現 副店長)

※ 役職は2016年度インタビュー当時

ーORCAに入社した経緯を教えてください

前職は求人広告の営業をやっていたのですが、退職後、新しい環境を探していました。
大学の頃からファッションに興味があって、学校があった神戸には、ショップがたくさんありました。
当時はまだISSEY MIYAKEを深く理解していたわけではありませんでしたが、営業職の経験から「お客様に上質なものをお薦めしたい」という思いがあって応募しました。

ーORCAってどんな会社ですか?

ORCAでは、社長が声をかけて、総務や経理、営業、各店舗の店長やチーフなどの責任者が一堂に会することが多いんです。社員数も全体で80名くらいで、非常に「家族的」。過去に働いてきた会社は、規模が大きくて経理や総務の人とは面識がないような状態でしたけど、今はみんな「一緒に働いている仲間」という感じですね。

ー現在の仕事の内容は?

ベテラン店長の下で、チーフをやっています。お店の基本的な方針は店長と一緒に考えて、大筋はその通りに進めていくんですが、ちょっとしたアレンジというか、別枠で自分なりの計画をして、売上にプラスアルファしていくようなことを積極的にやっています。店長も任せてくれて、自由にやらせてもらっています。ISSEY MIYAKEは歴史のあるブランド。商品を売るだけではなくて、ISSEY MIYAKEというブランドならではの空間を大切にしたお店づくりができたらいいなと思っています。

ー地元で働くことについて

そもそも、家族と一緒にいる時間が好きで。妻一人、子一人です。地元に特別なこだわりがあったわけじゃないんですが、結婚して御殿場の実家の近所に家を建てたということもありまして。今は、家族と一緒にいるのも楽しいし、仕事も同じくらい楽しい。すごく環境の良いところに家族と暮らして、そこで働けるのは、自分としてはとてもいいことだと思っています。

ー仕事でやりがい・喜びを感じる時は?

ひとつは「お客様にISSEY MIYAKEのファンになっていただけた時」。なかなか服が売れない時代になってきていますが、あくまでブランドというものを大事にしていきたいんです。お客様にISSEY MIYAKEの世界を楽しんでいただいて、「ISSEY MIYAKEのジャケットだから選ぶ」といっていただけるようになったらいいなと思っています。もうひとつは「予算を達成できた時」。店長から役職のついていないスタッフまで、全員、シビアに予算の達成を意識してやっています。

ー将来の目標は?

青山に行くと、ISSEY MIYAKE、ISSEY MIYAKE MEN、PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE、HaaT、me ISSEY MIYAKEそれぞれのブランドで、店舗を構えています。でも、アウトレットなら、この5つのブランドそれぞれの魅力や楽しさを、いっぺんに体感していただくことも可能だと思っています。ゆくゆくは、より大きなスペースの中で、5つのブランドの世界観をお客様に見ていただけるようにするのが、今の夢です。

ー応募を考えている人へのメッセージをお願いします

ORCAに興味を持っていただき、ありがとうございます。今の時代、インターネットで調べればすぐに情報は入ってきますけど、その場所に行かなければわからないということもあると思います。ISSEY MIYAKEの服は触ってみなければその素材の良さはわからないし、お店に行かなければその空間でしか感じられないことはわからない。興味を持ってもらえたなら、まずはスタッフに直接、話を聞いてみてください。まずは行動してみていただけたらと思います!


CONTACT US

まずはお気軽にお問い合わせください