RECRUIT

スタッフインタビュー

ここまでサポートしてくれる会社は実はスゴイんじゃないか。

遠藤 麻里絵
TSUMORI CHISATO 御殿場アウトレット店 店長

ーORCAに入社した経緯を教えてください

もともと、服とか染色、織物、陶芸に興味があって、そういったことが学べる服飾系の短大に通っていました。その頃、アパレル系のアルバイトを探していたんですが、友人が御殿場のTSUMORI CHISATOで働いていて、紹介してもらったのがきっかけです。学生にとってTSUMORI CHISATOは憧れのブランド。採用してもらえた時は嬉しかったです。地元は静岡の三島なんですが、東京の短大まで新幹線で通っていて、学校が休みの日、授業がない日には、アルバイトとして働いていました。卒業後は、アルバイトから正社員になり、現在は店長をしています。

ーORCAってどんな会社ですか?

自分自身が成長できる会社。社内にレベルアップという制度が用意されていて、入社してから社員になるまで3つのステップがあります。社員になってからも、リーダー、チーフ、店長、エリアマネージャーという役職があって、段階に応じてスキルアップでき、頑張れば頑張るほど結果が出るように考えられています。私自身、販売員未経験で、社会のことを何も知らないまま入社しましたけれど、レベルアップでいろいろなことを指導してもらって、社会人としても販売員としても成長することができたと思います。ここまで細かくサポートしてくれる会社は、実はスゴイんじゃないかと思っています。

ー現在の仕事の内容は?

店長の仕事というのは、当然、販売だけじゃありません。接客はもちろん、在庫管理やスタッフ育成など、店舗運営すべてが店長の業務です。簡単に言うと、「お店を回していく」ってことが店長の一番の仕事です。仕事の中で特に苦労するのはスタッフへの指導。同じことを言っても、人によって感じ方、捉え方が違うので、指導するスタッフによって言い方や説明の仕方を考えながら変えています。ひとりひとりに、わかってほしい、伝わってほしいと思いながら、指導しています。

ー地元で働くことについて

短大生のときは東京で働くことも考えていたんですけど、東京か地元かっていうと、半々くらいで。御殿場でアルバイトとして働くようになってからは、「やっぱり地元がいいな」って思うようになりました。今は、結婚もして御殿場に住んでいるので、通勤がすごくラクです。

ー仕事でやりがい・喜びを感じる時は?

御殿場での店長業務とは別に、本社に出張して、商品展開についての検証を行ったり、会議をすることがあります。そういう時に、各店からの意見の取りまとめが必要になることもあって、いろいろな意見をまとめるのは大変ですが、カタチになった時はやりがいを感じますね。出張の際は、他の店舗のスタッフとも関わって情報交換ができたりするので、いい刺激になります。喜びを感じるのは、やっぱり、お客様から「ありがとう」と言っていただけること。入社当時に接客したお客様が、10年たった今でも通ってくださって、接客の最後に、その方が「ありがとう、また来るね」と言っていただけた時には、素直に嬉しいと思いました。

ー将来の目標は?

私としては、これまでの経験を生かして、人材育成をしていきたいと考えています。ORCAでは多くの女性が活躍していますが、それは、きちんとした就業規則、仕組みがあって、女性にとって働きやすい環境があるからだと思っています。私自身も昨年結婚しましたが、慶弔休暇もありますし育児休暇もあります。育児休暇後の職場復帰も、もちろんできます。こういったサポートによって、結婚・出産があっても長く働ける環境であることは、働きたい女性にとってすごく魅力的なことだと思います。こういう環境だからこそできるやり方で、スタッフをリーダーに、リーダーはチーフに育てていけるよう、じっくり指導していきたいと考えています。

ー応募を考えている人へのメッセージをお願いします

レベルアップという制度があって、やる気があれば自分でどんどん成長できる職場ですし、私たちも全力でサポートします。一緒に成長できるよう、頑張っていきましょう!


CONTACT US

まずはお気軽にお問い合わせください